はるにれ

今週は忙しい。

朝晩少し涼しくなりましね。なんか知らんうちに学校も始まっている?最近は31日までが夏休みちゃうんや!?おっさんは知らんかった。もうすっかり夏休み気分もぬけたはるにれは、今週は忙しい。何がって?もちろん仕事ですよ、仕事。

 

 

 

 

 

 

はるにれでは、下請け作業を行っている。さまざまな作業が入ってくるのだが、最近の授産の傾向は単価が安い割に納期が厳しく、敬遠している 施設も多いようだ。わからなくもないが・・・。要はやり方だと思う。はるにれは、工賃をアップするために下請け作業を行うというよりも、「できることを精一杯。」の精神で下請け作業を行っている。あとは職員が段取り良くして、調整しながら作業に取り組み、作業を通じて達成感や充実感を得られればと考えている。(だいたい、福祉職員は段取りが悪い人が多い。えらそうに言うつもりはないが、その段取りの悪さが、なぜか利用者の能力の低さと誤解される事が許せないんだ。)

実際僕らだって仕事から離れることはできないし、仕事を通じて社会とつながり、仕事での成果によって得るものが多い。重度の障害者が「働かなきゃいけない」と言う事はないけど、「働いたらいけない」と言う事もないはずだ。

それぞれがそれぞのペース。あとは支援者の仕事。あかんかな?

まあでも、どうしても忙しい時もある。それはしゃーない。あかんかな?

はるにれメンバーは今週始めから作業に追われている。でも危機迫る嫌な雰囲気ではなく、活気ある中でみんな前向きなのだ。

時には「公園、公園」「散歩したい」との声に、「今日は忙しいから明日にしよう」と答えては、自分の気持ちの中で「あー今のあかんかったかなー」と思いつつ「でも普通のことやで」とも思う。

ただ一つ言えるのは、僕は彼らの面倒をみているつもりはない。ともに生きているのだ!(少し大げさかな。)いや、でもそうだ。

彼らの能力、仕事に向き合う姿勢は尊敬に値する。「忙しから仕事頑張るわ!」と言って、せっせと作業に励んでいる。

「彼らに頑張れと言ってはいけない。彼らは十分に頑張っている。」と僕に教えてくれた人がいる。「重度な障害だから就労ができないなんてことはない。時に重度な障害がある人ほど就労していることもある。」と、ある施設の長が言っていた。

僕の頭の中でそんな言葉がよみがえる。

はるにれは、ほとんどが20代前半のメンバーだ。僕の20代前半を思い出すと、あー情けない。遊びまわっていたわ。

「よし僕も頑張るぞと」奮起しなおし、明日は、ねじの8本入れや。そして来週には、はるにれの一泊旅行や。仕事片づけてみんなで、旅行ではっちゃけるぞ!

鳥居

 

 

 

今なぜかシャ乱Q?!

はるにれの昼休みは先日紹介した、えんがわ組のほかに音楽組がいてます。音楽組は好きなCDを聞いてノリノリに体を揺らしたり、歌ったり。その聞いている音楽は何故か「シャ乱Q」。今なぜシャ乱Qなのか?僕はあまりシャ乱Qを知らないのですが、聞いたことある歌が多いので、きっとベストアルバムをかけているに違いない。皆そんなに好きなんかというぐらいノリノリで歌っています。よくよく聞いてみるとその理由が・・・・・   「バイバイありがとうさようなら・・・・」ずるい女のフレーズをみんなが歌うと「バイバイありがとうさよ オナラ・・・・」オナラ好きのsさんが音楽組のリーダー的存在で・・・・ なるほど そういわれればオナラと言っているなあと感心してしまった。はるにれに限らず、言葉をもじったりして遊ぶ?楽しむ?方は多いと実感しています。そのセンスも抜群な人もたくさんしてますよね。・・・と僕は思っているのですが、まったく反応しない同僚も以前の職場では少なくなかったなあ。僕が過剰に反応しているのか、生真面目な福祉職員たちが何も感じないのか・・・ ともあれ僕は感心するばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居

 

Don’t think,feel(考えるな、感じろ)

お盆も過ぎて、夏休みも終わり、はるにれではせっせとみな作業に励んでいます?いや若干?いや結構休みぼけかな?と思えることがちらり、ほらり。まましゃーないか。僕も休みボケですし。そんな中マイペースのメンバーさんもいてます。夏のこの時期必ず行うこの行動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

夏の風物。風物。風物。納涼会なのだ!

本日は、はるにれの納涼会。みんなで夏を楽しむ日。明日かから15日まで夏休みで

夏休み前に恒例になっているはるにれの取り組みなのだ。

以前は夕方からスイカ割したり、暗くなって花火したりもしていたのですが、

はるにれも人数が増えて、周りのも迷惑かけそうになってきたので少し遠慮して、

日中の時間内で行うことになったのです。地域にいるということはそれなりに、いや

ずいぶん気を使うこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

でもこのスペースだけは譲れません。 はるにれ玄関前のスペースでの

金魚すくい。

(さらに…)

夏の風物 パートⅡ。

先日は、はるにれ的夏の風物をご紹介させていただきました。

今回もなんと夏の風物をご紹介。 それはというと、今日の創作活動からであります。

今日の創作活動の準備物は 黒い画用紙と、カラーシール。

 

 

 

 

 

 

  (さらに…)

夏の風物! はるにれの風物? 

暑い。暑い。暑いですなー。

あんまり暑い暑いといい過ぎるのもよくないですなー。

考えるだけで暑くなります。 夏には夏の良さもあり、楽しみもありー。

そんでもってはるにれの冷蔵庫を開けるとそこには、な、な、何と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さらに…)

えんがわ

暑い、暑い、暑い、暑い。

しかし、はるにれには、(正確にいうと、はるにれの前にある桜の木の下)ではさわやかな

風が吹くのです。 そうまるで、えんがわ、にでもいるよな気持ち良い風に

あたることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  (さらに…)

期待の新人登場の巻!

暑い! 暑い、暑い、暑い、暑い、暑い。

夏になってしもーたー。

そして、はるにれは、暑いんです。 いやいや誤解することなかれ、ちゃんと空調はきいております。

若い人が多いはるにれの利用者はみんな代謝が良くて、きっと熱を発しているのだ。(たぶん)

そこでこの夏をのりきるために期待の新人登場!その名も [壁掛け扇]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

(さらに…)

はるにれ 銀河

今日は月一回のはるにれに外部講師に来ていただいての創作活動。

昨日の連絡で準備物は「黒絵の具、ぼろきれ多めに・・・・」と連絡を受ける。

「ぼろきれ多め? 黒い絵の具をつかう?・・・こ、こ、これは大変なことになるのでは?」

覚悟して臨んだ創作活動で・・・

 

(さらに…)