Blog

100万ドルの男 2

度々、ブログで紹介した 100万ドルの笑顔を持つ男 きもっちゃん

ホッとの地域生活を担う、グループホームスタッフである。

いつもニコニコしながら、理事長の無茶振りに笑顔を絶やさない男。

DSCN2124

グループホーム旅行IN沖縄を無事に終え、安堵感ともう一組の旅行10月にある東京への企画と

あい重なって、 今日もわいわい、がやがや、ニコニコの日々が続いていると思いきや・・・・

 

最近ちょっと様子がおかしい。

きもっちゃんのデスクは ここ最近 明けてもくれても東京一色。

DSCN2125

開くパソコンも 東京一色。

DSCN2127

こんな、わくわくドキドキな仕事なのに、 あの100万ドルの笑顔は見られない。

DSCN2129  じっと、東京マップを見つめる姿のみ。

日に日に表情も険しくなってくる。

 

それも、そのはず、提案する東京旅行プランがことごとく却下されていくのだ。

きもっちゃん「 築地の場外で昼食はどうでしょう?」

理事長「 おいしくない。」

きもっちゃん「初日の昼食は〇〇で・・どうでしょう」

理事長「美味しくない。大阪のほうがええやんか」

等々

理事長へのプレゼンに失敗つづきなのだ。

DSCN2126

おそらく、電通 博報堂の敏腕営業マンでも 通すことが出来ないであろう

恐怖のプレゼンに 100万ドルの笑顔は消えてしまっている。

 

しかし、 しかし、  しかし、  がんばるのだきもっちゃん。

これは、理事長の厳しくも暖かい試練のプレゼントなのだ。

安易な場所で、きめてほしくない。 当事者の本当のニーズとは?

それで本当に楽しめるのか? 本当はどこに行きたがっているのか?

それらを、究極まで搾り出す。そこに初めて、当事者のニーズがきキラリと

見えるのだ。  ・・・・・・・・・(ですよね、理事長。)

DSCN2130

悩み続ける男 きーもーと。

この夏、彼は、夏を感じることなく、 悩み続けているに違いない。

いや 夏が来たことなんて感じる余裕もないのかも知れない。

頑張れ きもっちゃん。 その先に、10月のみんなの笑顔が見えているぞ。

ひと夏くらい 捨ててしまえー。   そして100万ドルの100万倍の笑顔を

まっているぜ。

DSCN2131

 

まってろよ。  東京。

 

 

 

 

s-aflo_LKGB716525

TOKYO

鳥居

 

1件のコメント »

  1. マエダ より:

    新宿~高田馬場のおいしい居酒屋ならご紹介できます!!笑 次回ぜひ!!

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.