Blog

さよならニンニン!

はるにれ業務が今年最終日の27日。

ニンニンが退職することになりました。

急な呼びかけでしたが、都合のつくメンバーで

簡単なお別れ会をしました。

DSC_0274

物静かな彼女ですが、芯のしっかり通った、ここぞのときには頼りになる同僚でした。

障害福祉の世界でもいくつかの法人で務めていた経験もあり、僕もよく相談はさせて

もらいました。いつもはっきりとした答えをくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

中でも印象的なことは、2年前医療的ケアが必要になったT君を、法人あげて受け入れる方向で進んでいるとき

現場のスタッフの中で、不安が広がりました。決して反対ではなく、みんな、T君の受け入れには思いを持って

板のですが、医療的ケア という言葉が、今まで経験したことのないスタッフには不安をあおる言葉でした。

医療とつくと、確かに何か、重みというか、福祉以上の要素を感じさせます。

 

僕とT氏は別の現場で医療的ケアを見たことがあったので、「行政や医療機関の責任のがれである言葉」

という認識はありましたが、いかんせん、現場がぐらつくと、どうにもならない。

 

そんなときに 彼女ははっきりと必要性を訴え、支援者として進むべき答えを皆に伝えてくれました。

それは現場の不安を和らげることだけでなく、僕自身も、賛成してくれる現場、背中を押してくれる現場、

理解してくれるスタッフがいる事で力がわきました。

以後T君の地域生活最後の砦として突き進むことができました。

 

今のT君の生活、彼女のおかげです。間違いないです。

 

そんな彼女を慕って、年末の忙しい中、たくさんのスタッフがあつまりました。

DSC_0277

はるにれで勤務していたので、なかなか他の部署のスタッフとは

話す機会がなかったかもしれません。

もっと若手にいろいろ伝えてもらう機会を増やすべきだったかな。

反省しております。

DSC_0279

 各部署からお花が・・・

DSC_0281

 DSC_0283

 

そしてアルバムのプレゼント

DSC_0284

DSC_0286

きっと大事にしてくれるでしょう!

スタッフからのメッセージも入ってます。

さらに

DSC_0285

機会を逃した、プレゼンターから

DSC_0290

Tシャツを贈らせてもらいました。

はるにれメンバーの顔がシルエットになってデザインされてます。

DSC_0291

人一倍、メンバーさんへの思いが強い方でしたから、

アルバムとTシャツが、今後の励みになってくればなあと思います。

家庭の事情で、岡山へ行くことになりました。少し遠くなりますが

是非、いつでも遊びに来てもらいたいです。

僕は八つ当たりいっぱいしたこと、ちゃんと謝ってませんでした。

この場を借りて、「ごめんなさい!」

今後どんな生活になるのかは、知りませんが、岡山も機会があれば、

障害福祉に携わってもらいたいなあ。

どんな形でも。きっとニンニンの助けを待ってる人がいますよ。

「〇〇さんの事よろしく」と僕たちに託された思いも

しっかり受け止めて、僕たちも頑張ります。

 

 

鳥居

 

1件のコメント »

  1. しん より:

    にんにんさん、お疲れ様でした。
    岡山に行かれましても、どうぞ、お元気でご活躍ください。

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.