居宅介護・ 重度訪問介護・ 移動支援

≪障害のある方の余暇・生活の支援≫ヘルパーステーション ポポロ

≪障害のある方の余暇・生活の支援≫ヘルパーステーション ポポロ

あるお母さんが言いました。「この子も普通やったら、友達といろいろなところ遊びにいってるやろうね。」そんな何気なく出た一言の思いが、ポポロのガイドヘルプサービスの根底にはあります。現在ポポロの御利用者は約9割が知的な障害のある方々です。今輝けることを大切に、時にはじっくりと向き合い、耳を傾け、心の声を聞きだし、ガイドヘルプサービスを通して思いを形にしています。他にも地域で自立した生活ができるようにホームヘルプサービス等も行っています。

ポポロの名前はイタリア語で「庶民的な」「民衆」を意味するポーポロからとって名づけました。優しいひびきに魅せられて、この名前をつけました。誰にでも、気軽に、かたいじ張らず、自然に、余暇を過ごしてもらいたい。そんな私たちの想いも込めている名前です。

ヘルパーステーション ポポロのイベント ヘルパーステーション ポポロのイベント

関連するBlog記事

寛平マラソン2018~ついに駅伝走破~ ご報告でございます。

3月某日、枚方市内河川敷。結成から約3年。

ついに「駅伝」というやつ。走っちゃいました。ホッとランランマラソン部!

笑いと感動に包まれた「寛平マラソン2018」

第1章「ファミリーマラソン」

第2章「駅伝マラソン」今回は2章に分けてのご報告。

本ブログでは、まずは第1章。

ファミリーマラソンのご報告。

(さらに…)

美しきノイズ展

堺市鳳南町にある GALLERY&CAFE/BAR      Relic   おこなわれている

「美しきノイズ展」こちらに 島貫 翼さん 竹内知輝さんの作品が展示されています。

 

美しきノイズ展               2018年1月24日(水)~2月11日(日)

 

 

NOISE(ノイズ)という言葉は「雑音」「信号の乱れ」等、普段は

ネガテイブな意味合いで使われます。一方、ノイズを適度な変化や刺激

と捉えれば、アートにおいてそれが作品に生き生きとした表情を与え、

時にそれが自立して主役になる事もあります。不純物としてのノイズが

作品にとって不可欠な要素になり得るのです。にじみ、むら、ざらつきが

輝くばかりの美しさを放つ瞬間です。

12名の作家による様々なノイズが充満する空間をどうぞお楽しみください。

HPより引用

https://relic-gallery.jimdo.com/

(さらに…)