Blog

秋はバザーの季節なんです!

11月11日(日曜日) 茨木市にある春日丘高校で文化祭が開かれます。

はるにれのWさんが夜間部の卒業生ということで、はるにれは毎年模擬店に参加させていただいてます。

先日生徒会のみなさんがご説明に、はるにれにまで、やってきてくれました。

 

はるにれでは積極的なバザーは行っていません。

 

僕が初めて働いた施設では、秋は、バザー、バザーバザー  夏は祭り、祭り祭り・・

、と露店でビール売ったり、チジミ焼いたり、綿菓子売ったり様々なことやりました。

当然、休みの日に出て代休も手当もなしの福祉業界です。

そんな毎日にスタッフも本来の意義を見失い、これでいいのかとのグチもよくありました。

 

次に働いた施設では、バザーなどまったくなし。 それはそれで、なんか物足りない。

 

以前に、あるバザーで、はるにれのある親御さんと話をした事があります。

こういう事(バザーなど)を保護者とスタッフが、一緒にやると何かお互いの距離が近くなるよね・・

なんて話だったと思います。ずいぶん前なのですっかり忘れましたが、・・・。

 

ただその時僕も感じました。一緒に何かに取り組む、障害者のある方々のことを啓発していく事。それは

バザーの多かった施設では大変だったけど、保護者と一緒に取り組む機会が多くて、いろんなことを

大切なことを教えてもらった。今でも僕の根っこにドンとある。

 

サビース化しつつある今の障害福祉の状況で、そんなものは、学ぶ機会はなくなっていくんだろうな。

そう思う。労基法やなんやもだんだんうるさくなり、働く環境が良くなるのはいいが、

働く意味が感じれなくなるじゃないかなあ。

 

はるにれのバザーの機会が多いか少ないかはみんなで議論するにして、

こうしてわざわざ、はるにれまで足を運んでもらって、参加までさせていただける

春日丘高校のみなさんとのご縁は大切にしていきたい。

 

鳥居

 

 

コメントはまだありません »

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.